ビジュアル詩系総合芸術サイト「エデンの扉」

私からあなたへ 1 - 音楽

赤い花

 

赤い花

Copyright(C)2010 Seine Lukis Allrights reserved.

作詞作曲:Seine Lukis

切り捨てるのが許されて
取り戻そうとするのが罪ならば
何処に正義はあるのだろう?
僕を笑い者にするために
彼を呼んだの?

春も 夏も 秋も 冬の日も
同じ風景 同じ気持ちで
何も 語る ことも 無くても
つながっていると信じていた

決して 変わる ことの無い思いを
愛と言うのだと 信じていた
他に 好きな ひとが できたなら
話してくれればいいさ

冷たい雨に打たれて
きみに背を向け歩いたのに
悔し涙にふるえる僕がいた


とても とても とても 愛してた
愛した女性を 悪く言えないよ
だけど だけど きみは僕のこと
彼と二人で 笑って見てた

いつも いつも いつも 僕のこと
愛してくれたと 信じていたよ
ただの ただの 遊び相手だと
壊れた おもちゃのようさ

冷たいコンクリの壁に
僕の拳の血が染まる
涙で曇ってまるで花のようだ


切り捨てるのが許されて
取り戻そうとするのが罪ならば
僕はどうしたらいいのだろう?
僕を笑い者にするために
彼を呼んだの?

切り捨てるのが許されて
取り戻そうとするのが罪ならば
僕はどうしたらいいのだろう?
最後まで信じたかった
きみのことを