ビジュアル詩系総合芸術サイト「エデンの扉」

花言葉

花言葉 ら行

我が家の庭に咲く植物たちの写真に「花言葉」と詩を添えています。

ラベンダー

Copyright(C)2014 Seine Lukis Allrights reserved.

花言葉「期待・沈黙・答えをください」

ラベンダー

ラベンダーの丘をあなたと歩いた
甘い芳香があなたを沈黙させる
一週間前、あなたに愛の告白をした
まだ、返事を聞いてないよ
期待して待っていても、いいのかな?


・ラベンダーは花よりも蕾のほうが香りがいいですよね? 家ではフレンチ・ラベンダーを栽培しているのだけど、早めに必要な分だけ蕾を採って、後は自由に花を咲かせてもらっています(ポプリらしきものを家では作っています)。
・寒さに強いようで、寒さに弱いので栽培が難しいです。でも、手間を掛けるだけの価値のあるハーブのひとつです。

ラナンキュラス

Copyright(C)2014 Seine Lukis Allrights reserved.

花言葉「晴れやかな魅力」

ラナンキュラス

春の雪解けと共に現れた君は、
まるで太陽だった
凍てついた心を溶かしてくれた、
僕の太陽だった

君の明るさに どんなに救われただろう?
難しい言葉なんか要らないさ
ただ、君のことを優しく抱きしめたいだけさ

春の雪解けと共に現れた君は、
まるで太陽だった


・このラナンキュラス君は、バラに似た花を咲かせるとても綺麗な花です。割と小さ目の球根性植物なので、我が家では直植えでは無く、プランターで育てています。

リュウノヒゲ

Copyright(C)2014 Seine Lukis Allrights reserved.

花言葉「不変の心」

リュウノヒゲ

君を見つめている女性は 遙か遠い日の面影
小さかった君に歌たったあのメロディ 今も耳に残っている

 今 時間を越えて 蘇ったあの歌声
 どんなひとのこころも 優しく包み込んで

優しく育てと 元気に育てと 愛され育てと 忘れないでね……

君の横に立っている女性は 君のお母さんに似ている
もう一度聴かせてよ君のため 懐かしい母の歌

 今 この瞬間を 待ちわびていた女性
 僕らよりも先に 神様に選ばれてしまった

優しく育った 明るく育った 約束守った 彼女との約束……

僕の横に立っている女性は 君には見えないのだろう
もう一度聴かせてよ僕のため 懐かしい愛の歌

変わらない愛の歌


・我が家には外に洗濯機が置いてあるのだけど、洗い終わった衣類をカゴに入れて、物干しに行く途中でよく女王様が躓いて転びます。何に躓くかというと、このリュウノヒゲだったりします。まあ、お陰様で根本から刈られちゃったんですけどね。青い実がなるなんて知らなかった……。
・私と女王様が初めて出会ってから、30年以上が経ちます。高校と大学は別だったのですが家が近所だったので互いの家を自由に出入りしていました。そして現在も一緒に仕事をしているので……一緒にいるのが当たり前なんだと思っています。
・よく耳にするのですが「ひとのこころは変わるのが当たり前」だと思っている人は、ただ単に「ついてない」だけだと思いますよ。

ルピナス

Copyright(C)2014 Seine Lukis Allrights reserved.

花言葉「空想」

ルピナス

彼と彼女が姿を消した晩

絶対、
 あの女は別の男と 馬鹿笑いしていたに違いない
 飽きたら ぽいっと ゴミのように捨てる女さ

違うよ、
 彼女はひとりで 一晩中飲み明かしていた
 泣きながら 泣きながら 浴びるように飲んでいたよ

たぶん、
 彼は前の彼女と 一晩中踊りまくっていた
 捨てた女を 忘れるように 激しく踊ってたに違いない

きっと、
 彼はひとりで 海を見に出かけたんだよ
 思い出を 白波に 捨てるために海に出かけたんだよ

彼と彼女が姿を消した晩……

もう、つまらない空想は止めよう

僕たちのマドンナと結ばれた彼は

明日、ハネムーンを終えて帰ってくる


・このルピナス君はかなり大きな花です。植物図鑑を見ると、多年草と一年草があるらしいのですが、私には区別がつきません。でも、なんとなく毎年咲いているような気がします。
・今回の物語は、こう言うのもありかな? 程度に深い意味はありません。