ビジュアル詩系総合芸術サイト「エデンの扉」

花言葉

花言葉 や行

我が家の庭に咲く植物たちの写真に「花言葉」と詩を添えています。

ヤグルマソウ

Copyright(C)2014 Seine Lukis Allrights reserved.

花言葉「繊細・優美・信頼」

ヤグルマソウ

枯れた花に今ごろ水をあげても、
花は生き返りはしないだろ?
僕の部屋に南向きの窓があれば、
花も枯れることが無かったんだ……

ひとの心も光と潤いが必要なんだね?
乾きすぎると硝子細工みたいに、
すぐ 壊れてしまう

僕たちの部屋に南向きの窓があれば、
愛が壊れることは無かったんだ……


・詳しくは知らないのですが、エジプトのツタンカーメンの棺に添えられていたのがヤグルマソウだったんだそうです。昔から、人々から愛されつづけてきた幸せ者なんですね? このヤグルマソウ君は。

ヤブラン

Copyright(C)2014 Seine Lukis Allrights reserved.

花言葉「隠された心」

ヤブラン

何を怖がっているの?
普段 人前に出るのを嫌がる君
誰も 君を笑いはしないよ
さあ こころの扉を開いて
出ておいで

何を怖がっているの?
普段 人前に出るとうつむいてしまう君
僕が 側についていてあげる
さあ 笑顔が似合うんだから
出ておいで

寂しがり屋で 臆病な君


・何でこんな所から顔を出しているの? 家の花壇はコンクリのブロックで仕切っているのだけど、こんな所から顔を出していたんじゃ植え替えてあげられないじゃん。もっと日当たりの良い場所があるのに……。
・このヤブラン君は小さなピンク色の花を沢山つけます。それがもじもじして、はっきりしない女の子に似ているような気がします。

ヤマブキ

Copyright(C)2014 Seine Lukis Allrights reserved.

花言葉「謙遜・旺盛」

ヤマブキ

日課である 散策で とても美しい女性と出逢った
木陰に佇む山吹の 花に隠れたそのひとは
木漏れ日の 光に姿を消し去った

夕暮れの 帰り道 同じ場所で立ち止まる
木陰に佇む山吹の 花に隠れたそのひとは
幾千もの 小さな黄色い花の子よ


・このヤマブキ君は知人の家の庭にあったものを分けてもらったものです。枝が細く倒れやすいので、出来るだけ風が当たらない場所で育てています。

ヤマユリ

Copyright(C)2014 Seine Lukis Allrights reserved.

花言葉「荘厳」

ヤマユリ

何でそんなに一生懸命なの?
本当は一番辛いはずなのに
君は苦しみを忘れ去ろうと、
誰よりも頑張って仕事をしている
僕は ただ見守ることしか出来なかった

僕に出来ることは何も無いの?
本当は誰より泣きたいはずなのに
君は悲しみを忘れ去ろうと、
涙も見せずに仕事をしている
僕は ただ言わずにはいられなかった

悲しいときは、涙を流してもいいんだよ
ハンカチを差し出すことだけが僕に出来ることだった


・写真のヤマユリ君は知人から頂いた球根を育てて花を咲かせたものです。園芸店で売っているユリより綺麗だと思いませんか?
・たまに家族で山歩きをするのですが、山の中でこのヤマユリと出会うと「逆境にも負けない力強さ」を分けてもらえるような気がします。ただ、花粉が衣服に付着すると落ちないんだよね。だから、見守るだけに止めています。

ユスラウメ

Copyright(C)2014 Seine Lukis Allrights reserved.

花言葉「郷愁」

ユスラウメ

言葉の意味が分からないひとたちが大勢いる
一体 いつから この国はこんな風になってしまったのだろう?
自由と自分勝手の区別がつかないひとたちが大勢いる
たぶん 平等と不平等の意味すらも知らないのであろう

一体全体 誰がこんな国にしてしまったのだろう?
帰ろう 全てを無に戻し 零からやり直そう

昔は良かった……我々は良き頃のニッポンを知っている
現在の子供たちが成長したら、
昔は良かったと 今現在をそう呼べるだろうか?

一体全体 誰がこんな国にしてしまったのだろう?
帰ろう 全てを無に戻し 零からやり直そう


・写真に写っているのは去年撮影したユスラウメ君です。ずっと狭い場所で花を咲かせ、実をつけていたのですが、今年、広い場所へと植え替えたら、花を咲かせることは無かったのだけど、思い切り枝を伸ばして大きく成長してくれました。これと同様に、狭い範囲でしか物を見ることが出来ないひとは、哀れですね……。人間、死ぬまで勉強です。もっと、もっと広い視野で物事を考える習慣を身に付けたいものです。