ビジュアル詩系総合芸術サイト「エデンの扉」

花言葉

花言葉 な行

我が家の庭に咲く植物たちの写真に「花言葉」と詩を添えています。

ナズナ

Copyright(C)2014 Seine Lukis Allrights reserved.

花言葉「あなたに全てを任せます」

ナズナ

頼りないかも知れないけれど これだけは信じて欲しい
もう絶対に逃げたりしないから

テンプレなフレーズだけど これだけは言わせて欲しい


・このナズナ君、つまりはペンペン草君だったのですね。花言葉を調べるまで知りませんでした。
・今の世の中、大げさな態度とわざとらしい綺麗事しか相手には伝わらないみたいですからね。誰にでも分かりやすいオーソドックスな行動が宜しいかと。

ナデシコ

Copyright(C)2014 Seine Lukis Allrights reserved.

花言葉「才能・純愛・無邪気」

ナデシコ

心は形が無いから壊れない、だなんて
よく言えたものだね
心は形が無いからすぐに壊れてしまうこと
ずっと分かってたんじゃないの?

愛なんて幻想にすぎない、だなんて
よく言えたものだね
愛はビードロ細工のようにもろいこと
ずっと分かってたんじゃないの?

誰もが波風立てずに生きられたなら、
どんなに平和なことでしょう
そんなこと絶対ありえないってこと、
みんな心では分かってる

何もかも自分ひとりで背負わないでください
初めて心が壊れる音を聞いた


・別に無視していた訳ではありませんが、私の頭の中では既に「花言葉」で採用しているものと思っていました。
・大和撫子とは良く言ったものですが、最近ではちょっとイメージが違ってきちゃったなと思います。才能は認めるけどね。

ナバナ

Copyright(C)2014 Seine Lukis Allrights reserved.

花言葉「快活」

ナバナ

君の笑顔は疲れを知らない子供のよう
腰まで伸びた黒髪が風に吹かれた

青空の下 大きく両腕を広げて 深呼吸をしよう
笑って肩をすぼめた君は また走り出す

君の姿が遠く小さくなり そして振り向き大きく手を振った
僕も慌てて手を振り返す

その時 君に恋をしていることに気がついた


・何故だか知りませんが、いつの間にか庭に咲いていた菜の花君です。この菜の花君も綺麗なことには違い有りませんが、より多く、沢山咲いていると、見事ですよね? 個人的には桜より菜の花畑の方が好きだったりします。
・今回の物語は、遠い日の思い出みたいなものです。ただ、一緒にいるだけで胸がときめいて、時間の経つことすら忘れてしまう……そう言った瞬間は決して忘れてはならない大事な思い出です。いつまでも大切にしたいものです。

ニチニチソウ

Copyright(C)2014 Seine Lukis Allrights reserved.

花言葉「楽しい思い出」

ニチニチソウ

たまには強がってばかりじゃなく、
自分に正直になりたい時がある
毎日 同じことの繰り返し
このままじゃ 駄目になってしまう
閉ざされた 心の扉を叩いてみよう

 止まれ 止まれ 私の涙
 夢の中で 私を呼んでる
 瞳 閉ざせば会える 優しい思い出
 会いに行けない私 抱きしめてくれるの

ずっと逃げ場だと思っていた、
夢の世界に飛び込んでゆくことが
何度も 諦めかけていた
このままじゃ 先に進めない
閉ざされた 夢の扉を開いてみよう

 ゆらり ゆれて 私の心
 夢の中で 思い出辿って
 瞳 閉ざせばきっと 迎えてくれる
 とても楽しかった あの頃の二人を


・ずっと勘違いしていたのですが、ニチニチソウ君の花は咲いてから2、3日で落ちてしまうそうです。でも、次から次へと花を咲かせる(植物図鑑に載ってた)から気がつきませんでした。
・誰にでも楽しい思い出のひとつやふたつ、あると思います。でも、思い出を大切にするのも大事なことなのですが、逃げ場にしてはいけません。今現在を如何に楽しく過ごせるかが大事なことだと思うのです。

ニラ

Copyright(C)2014 Seine Lukis Allrights reserved.

花言葉「多幸・星への願い」

ニラ

あなたは今、幸せですか?
あなたを見ていると、いつもつまらなそうです
何もかも諦めてるような、そうでもないような

あなたは今、幸せですか?
全部持っているくせに、物足りなそうですよ
何もかも欲してるような、そうでもないような

すぐ手に入るものでは
一時しのぎの満足しか得られません
それは私の経験なんですけどね
今度はあなたが
他の人たちに与えてみてはどうでしょう?

私は今、幸せですよ
昔はとても辛かったのですが
生きる希望と目的を 持てたのだから


・インターネットで花言葉を調べてみたのだけど、ふたつくらいに意味が分かれるみたいです。
・このニラ君はもちろんのこと、食材としてのニラです。
・私が持っている花言葉の本にも載っていなかったのでずっと写真を撮ったまま放置していたのだけど、たまたま色々とHPを眺めていたら花言葉を発見したので物語を考えてみました。

ニワゼキショウ

Copyright(C)2014 Seine Lukis Allrights reserved.

花言葉「愛らしいひと」

ニワゼキショウ

いつも辛いのは僕だけだと思っていた
人間関係なんて簡単なものじゃないさ
仕事でヘマをすれば必ず責められる

いつも明るくて無遠慮なんだと思っていた
玄関にいつも花が飾ってあるのは知ってたさ
それが僕のためなのだと思わなかった

外出先からの直帰で僕は見てしまった
彼女が薄暗い部屋の中で泣いているのを
彼女を泣かせてしまった僕は悪だ

あの日、教会で誓ったように
僕たちはその先何年も、何年も一緒に暮らしてゆく
結婚記念日にはまだ早いが、
明日は花束を買って帰ろう
愛らしいひと、愛しい妻へ……


・このニワゼキショウ君は、庭の駐車スペースで発見しました。発見と言ってもずっと雑草だと思って調べもしなかったんですけどね。でも、良く見ると何となく和風な感じがして素敵だったりします。
・愛らしいひと、と言ったら何を連想しますか? 私だったら映画の「プリティウーマン」かな? まあそのまんまなんですけど。それはそれでおいておいて……どんなに自分が辛くても相手のことを思いやる気持ちがあって、相手のために明るく振る舞う女性を私は愛らしく感じます。

ネジバナ

Copyright(C)2014 Seine Lukis Allrights reserved.

花言葉「少しだけへそ曲がり」

ネジバナ

遠くから聞こえ来る 懐かしい響きが
雑踏に混ざっていても 届いている

 団扇の風 そっと
 浴衣姿が 背を向けた
 
もっと高く舞い上がれ 光の花びらたち
夏の星座に負けぬよう 輝いていた

 浴衣の肩 ぽつり
 ぽつりぽつりと 雨粒が

南風流された 雨雲が覆い
濡れた浴衣が振り向くと 笑っていた

 頬に伝う 雨が
 可笑しくて 哀しくて

季節はずれの紫陽花の
側で花咲くネジバナは
ほんのちょっぴりへそ曲がり


・このネジバナ君は、私が仕事で外出中にお姫様(おねえちゃん)が知人宅から貰ってきて植えたものです。写真では分かりにくいのですが、高さ20センチ程のランの仲間であり、小さな花がドリルみたいで面白かったりします。
・まあ今回の物語は、花火大会に赴いた男女がちょっと喧嘩しちゃった、と言う内容です。

ネムノキ

Copyright(C)2014 Seine Lukis Allrights reserved.

花言葉「ときめき」

ネムノキ

ずっと諦めていました
小さな善意は 大きな悪意に勝てないのだと

ずっと諦めていました
みすぼらしいわたしを 誰も振り向いてくれないことを

世界中を敵に回して わたしだけがのけ者になって
誰かに認められたくて 馬鹿なことばかりを考えていました
そんな気持ち あなたにはわかりますか?

ずっと信じていました
オジギソウが大人になって ネムノキになるのだと

ずっと信じていました
恋が実ると 愛に変わるのだと

心臓の鼓動が早まって 顔が赤くなるのがわかります
あなたと目があっただけで 駆け出したくなってしまいます
そんな気持ち あなたは憶えていますか?

もう 孤独ではありません
世界中でたったひとりでも わたしに微笑みかけてくれる、
あなたと出逢えたのだから

この胸のときめきを あなたに


・最近まで、冗談抜きに「オジギソウ」が大きくなると「ネムノキ」になるのだと思っていました。だって葉っぱがそっくりだよね?

ノウゼンカズラ

Copyright(C)2015 Seine Lukis Allrights reserved.

花言葉「栄誉を称える」

ノウゼンカズラ

君のことを不甲斐ない、駄目な奴だと
罵倒するひとたちもいるでしょう

でも、忘れないで下さい
君がどれだけ勇気を示してきたことを
何者をも恐れずに立ち向かってきたことを

いつでも、どんな時でも胸を張って
君こそが希望なのだから

僕から君へエールを贈ろう


・世の中には残念な事に責任転嫁と恫喝、そして相手に罵声を浴びせる事しか出来ないひとがいます。
・戦争愛好家に支配された世界では、きっと人質の生命よりも選挙が大事なのでしょう。

ノコギリソウ

Copyright(C)2014 Seine Lukis Allrights reserved.

花言葉「戦い・心の鬼」

ノコギリソウ

この瞬間が どんどん迫ってくる
今までずっと 目を反らしてきた報いだ
誰かの所為にするのは 簡単なこと

子供の目を見つめよう
こころの奥底が見えるまで 見つめよう
何故 手を挙げるのか教えよう
理由を 分かるまで ゆっくり教えよう

この瞬間が どんどん迫ってくる
今までずっと 目を反らしてきた報いだ
親が逃げてしまうのは 簡単なこと

子供の目をみつめよう
言葉が見つからないなら 抱きしめよう
何故 手を挙げたのか伝えよう
強く 優しく しっかり抱きしめて


・毎年、写真を撮ろうと思いつつ忘れてしまうのが、このノコギリソウ君です。原種は黄色いタンジーみたいな花でハーブとして知られています。でも、このノコギリソウ君は園芸種だから……ハーブとしての効能があるのかどうかは分かりません。写真では分からないと思いますが、葉っぱを見ると名前の由来が分かると思います。
・手を挙げる……ちょっと古い言い回しで、ビンタのことです。拳をあげる、よりも優しさが出るような感じがするので、この物語で使っています。このビンタを体罰だと言うひとがいますが、正しく理由を告げたのならば、これは躾けになると思います。