ビジュアル詩系総合芸術サイト「エデンの扉」

花言葉

花言葉 さ行

我が家の庭に咲く植物たちの写真に「花言葉」と詩を添えています。

サクラ

Copyright(C)2014 Seine Lukis Allrights reserved.

花言葉「優美な女性・あなたの微笑み・心の美しさ・潔白・良い教育」

サクラ

春の陽気に誘われるように 学び舎を後にする

ざわざわ ざわざわ

仲間の声が ぼくの呟きを打ち消した

友だちの笑顔に囲まれた きみが横切る

長く伸びた髪 こころの代わりに髪ゆらして

さらさら さらさら

春の風が ぼくのこころを代弁してくれる

ずっと前から 好きだと言えなかった

さくらの木のしたで きみを待とう


・写真は残念ながら「桜」ではなく、去年庭に植えた「サクランボ」です。季節的に色んな方からメールで「桜」の花言葉を教えていただけて、とても嬉しく思っています。それにしても、同じ花にしても色々と違った花言葉があるんですね。ちょっと驚き。
・さて、みなさんは「桜」の花をどう思いますか? 桜と言うと、やはり「お花見」でしょうか? ご存知の方も多いと思いますが、私は「お花見」は嫌いです。何故嫌いかと言うと、美しい筈の風景を殺す行為にしか見えないんですよね……。美しく咲いてくれた花々に敬意を払いたいと思います。

サルビア

Copyright(C)2014 Seine Lukis Allrights reserved.

花言葉「燃える思い」

サルビア

人の心なんて、すぐ変わってしまうことぐらい、知ってたよ
だから、少し涙を流すかもしれない
そして、あなたのことを憎むかもしれない
だけど、あなたのこと、本当に愛してた

永遠に続く愛、そんなもの幻想にすぎないと、知ってたよ
だから、少し涙を流すかもしれない
そして、私自身を憎むかもしれない
だけど、あなたのため、死ねると思ってた

わたし、いつか、伝説になるんだ
そして、夜空を飾る星座になるんだ
本当に馬鹿だよね、わたし
だけど、本当にあなたのためになら、死ねると思ってた


・私にとって、サルビアの花は思いで深い花だったりします。小さい頃はよく、花弁を引っこ抜いて蜜を吸っていました。結構、甘くて美味しいんだよね……。甘い思い出ってやつかな?

サフラン

Copyright(C)2014 Seine Lukis Allrights reserved.

花言葉「歓喜、残された楽しみ」

サフラン

その紅は 誰の為にひいたのでしょう?
君は 薬指を そっと拭い去る

その髪は 誰の為にほどいたのでしょう?
君は 髪留めを そっと床に落とした

その帯は 誰の為にほどいたのでしょう?
君は 音も無く そっと障子を閉めた

痩せ細りし三日月と 愛しき君の残像が
去り行く我の胸のうち


・今回はちょっとネオ・クラシック風です。
・我が家では、女王様とお姫様がせっせとサフラン君の赤いメシベを引きちぎって乾燥させています。この赤いメシベは買うと、同じグラムの金よりも高いんですよ。

ジニア

Copyright(C)2014 Seine Lukis Allrights reserved.

花言葉「絆・幸福・亡き友を偲ぶ」

ジニア

話したくなければ 話さなくてもいいよ
何かあったことくらい わたしには分かるんだから
でも わたしには隠さないで

悲しくなるといつも来る 誰もいない埋め立て地
子供の頃に遊んだ風景さえも 変わってしまった
だけど……
あなたに見せたい景色がある

もう夜が明けるよ だから一緒に車に飛び乗ろう
わたしにはあなたを慰める言葉が見つけられない
だけど……
あなたに見せたい景色がある

あなたの苦しみを 代わってあげられないのが悔しい
友だちを喜ばせるたびに あなたの笑顔が下手になる
言葉はひとを傷つけるから いつまでも隣にいるよ
わたしの凍り付いたこころを 優しく溶かしてくれた
わたしだけの 取って置きの場所を教えてあげる

もう夜が明けるよ だから一緒に車に飛び乗ろう
わたしにはあなたを慰める言葉が見つけられない
だけど……
昇る朝陽の中で
わたしの大好きな景色とキスをあげる


・この写真のジニア君は花が長持ちするところから「百日草」と呼ばれています。だんだん寒くなり、花が少なくなる頃、とても貴重な花のひとつです。
・私が嫌いな日本語のひとつが「見守る」です。私にとってこの「見守る」とは、何にもしないひとが言訳に使う言葉にしか聞こえないのです。何をしたらいいのか分からないときは、ただ黙って側に居てあげるだけでも良いと思いますよ。

シバザクラ

Copyright(C)2014 Seine Lukis Allrights reserved.

花言葉「臆病な心」

シバザクラ

君は、親友の彼女を好きになったことがあるかい?
どちらを取るか、天秤に掛ける毎日だった
ある日突然、親友と彼女が別れたんだ
俺は正直、ラッキーだと思ったよ
でも、何故かこころにブレーキが掛かったんだ
どちらもフリーになったんだから、誰にも気兼ねは要らないのにね
親友と彼女が付き合う前から、何度も告ろうと思っていたのに
俺の幼なじみだった彼女は、ずっと友達としか見てくれなかった……

小さい頃、ソバカスだらけだった彼女が目の前にいる
「お前のことが好きだったこと、知ってた?」
片思いから、友情に変わった瞬間、
今まで言えなかったことが素直に口に出せた


・シバザクラ君は不思議なやつで、夏が過ぎると見た目が枯れてしまいます。でも枯れたと思っていても、翌年、暖かくなる季節にまた緑が復活して花を咲かせてくれます。生命力の強さを感じさせてくれます。
・もし、あの時……何度もそう思ったことでしょう。ひとはそれを後悔と呼びます。でも、そう思わない、感じないひとが多い世の中になってしまった現在、後悔する気持ちを大切にして生きてゆけたのならば、と思います。

シロツメクサ

Copyright(C)2014 Seine Lukis Allrights reserved.

花言葉「約束・幸運・私を思ってください」

シロツメクサ

子供の頃遊んだ広場
女の子は 花輪つくりに夢中だった
男の子は 花をつかった綱引きに夢中だった
不器用なわたしは 摘み取った花を黙ってみつめていた

君のことが好きだよ……

指先が器用なあのひとは わたしに花輪と誓いの指輪を編んでくれた……
あのひとには内緒で 机の奥に隠しておいた 懐かしい思い出


・私の子供の頃は、何処にでも生えている植物でした。だから、単なる遊び道具でしかなかったのですが、大人になって、やっと落ち着いて花を観賞することができるようになりました。そう言えば、四葉のクローバも夢中になって探したっけ……。

スイセン

Copyright(C)2014 Seine Lukis Allrights reserved.

花言葉「ナルシスト・プライド・高潔」

スイセン

もう会えないよと 目を反らし
誰かのメールを待っている

あなたの側にいつも わたしが居たことを
忘れないでね

そして他の誰かを 愛するのなら
同じことを繰り返すのは 止めて頂戴

あなたの側にいつも 誰かが居ないと駄目なの?
ひとりの寂しさに 耐えられないひと

もう会えないよと 目を反らし
慣れないタバコに火をつける

あなたの側にいつも わたしが居たことを
忘れないでね

そして二度と言わないで 嫌いじゃ無かったら
わたしは雨に打たれる 水仙の花

あなたの側に誰も 誰も居なくなったら
思い出してね……寂しがり屋さん

わたしは明るく振舞う 水仙の花


・写真に写っているのは「タヒチ」と言う品種なんだそうです。他のスイセンの花より大きくて長持ちする花なので我が家では人気のある花です。
・誰にでも自惚れや自尊心があるものだと思います。だけど、不思議なくらいにそれが強すぎると、必ず不幸になるみたいですね。個人の勝手ではありますが、ほどほどにしましょう。

スミレ

Copyright(C)2014 Seine Lukis Allrights reserved.

花言葉「謙遜・誠実・無邪気な恋・愛」

スミレ

ふたり乗りの自転車で、がんばって坂を登る君が好きだった。
見た目よりも広い背中が、どんなに逞しく見えただろう。
わたしが居るのを忘れて、急な下り坂をブレーキを掛けずに下る。
怖くって、思わず背中にしがみついたっけ……。
これも、わたしの大切な青春の1ページだった。

就職活動が始まり、初めて君の背広姿を見たっけ。
短く揃えられた髪の毛が、どんなに新鮮に見えただろう。
ピカピカの革靴が、わたしの歩幅を追い越してゆく。
寂しくて、思わず背中を追いかけたっけ……。
これも、わたしの大切な青春の1ページだった。

君の新しい人生のスタートを応援します。
不器用なわたしには、君を応援することしかできないのです。
好きと言えないわたしには、応援することしかできないのです。
だから、せめて、サポーターとして側に居させてください……。
君と一緒に、新しい人生の1ページを刻みたい。


・写真のスミレ君は最初、まさしく、すみれ色だったのですが、いつの間にか白くなってしまいました。何故だろう? 不思議だ。
・成功した者には「妬み」や「嫉妬」が付きものです。この「妬み」や「嫉妬」と言う感情は、自分の能力や境遇を相手と比べて生じ、自分の根拠のないプライドの高さが助長するのです。では、成功した者と彼らの違いは何でしょう? それは応援する者が居るか、居ないのかの違いです。自分でいくら能力が有るのだと思いこんでいても、誰もそれを認めなければ応援してくれるはずがありません……。
・たったひとつでも、相手の良いところを見抜ける心の目を養って生きてゆきたいものです。如何なる場合でも、そこから良き人間関係が始まるのです。

セリ

Copyright(C)2014 Seine Lukis Allrights reserved.

花言葉「貧しいが高潔」

セリ

貧しさは恥ではありません
他人を羨むこころの貧しさが恥なのだから

他人と同じ必要はありません
ひとそれぞれに異なる生活があるのだから

春には春の 秋には秋の
それぞれの里の恵みがあるように

夏には夏の 冬には冬の
それぞれの海の恵みがあるように

季節の移り変わりを感じながら、
現在を生きてゆきませんか?

一年中 何でも食することができる時代
食に季節を感じることができない時代
とても 寂しく思います


・山菜と言うのは、野菜になれなかっただけのことはあって、特に美味しいものではありません。でも一年に一度、何故だかこのセリ君が無性に食べたくなります。我が家ではプランターで栽培しています。
・昔は現在ほど物質的に恵まれてはいなかったけれど、どの家庭にも食卓には笑顔がありました。風呂上がりの父親がビール片手でテレビの野球中継。それと台所に立つ母親の後ろ姿を見比べながら、私たちは少年時代を過ごしてきたのです。何にもなかった時代だったけど、こころだけは豊かでした。

センニチコウ

Copyright(C)2014 Seine Lukis Allrights reserved.

花言葉「不滅の愛」

センニチコウ

わたしは あなたと巡り会うために生きてきた
わたしは あなたのために生きてきた

この広い宇宙の中の この小さな星の上で
わたしたちは 愛し合うために生まれてきた

誰にも邪魔はさせない
例え、それが神だとしても……


・毎年、種から育てています。名前の通り、長持ちする花です(枯れているのかどうか分かりにくい)。ですから、花壇の少し寂しいところに植えると、見た目も良いですよ。色は赤、白、ピンクです。